MENU

車査定制度の事を色々考える事白書

二重査定制度といった仕組みがあります。

 

これは、再査定制度とも呼ばれているものです。

 

どんな制度かというと、査定後に申したてされていない傷が見つかった時、買取業者が査定金額を変更できるというものです。

 

買取りディーラーは、評価した後にダメージが見つかると、予想していた額で転売できなくなります。

 

見積りの時、車の様子を誤魔化して申したてし、それが後ほど発見されたケースなどに、この制度が適用され、見積り額が変更されてしまいます。

 

要するに、一回は高い査定額が提出されても、後で査定額が変わってしまうということです。

 

再査定制度は、本質的に買取店の損を防ぐもので、買取店に有益に働くようになっています。

 

それにより、売り手側は、審査に出す場合は、車の状態をしっかりと報告することが不可欠です。

 

始めに正確な査定額を出してもらえるよう、自らが知る限りの損傷は全てきちんと申告することです。

 

審査前に前もってに申し立てしていれば、それが重度であったとしても、審査側の責務になり、後で軽減されることはありません。

 

再査定制度とよばれるものは、本当のところ数多くの業者が採用していて、契約書に小さく書かれていることがあるので、よく目を通して確認しておく必要があります。

 

 

 

 

車売る時