MENU

クルマ購入ゼロを目指す

乗用車を鑑定要望する際は、鑑定担当者の対応を見て感覚をつかむことが重要です。

 

差しずめ、目利をするのは人間です。

 

その人の性質にもよりますが、感じを探ることで、ある程度の査定額の好みを解することができます。

 

仮に、評価の折、担当者にまじめさを少しも感じられないような場は、高値は期待できないでしょう。

 

そんな序で、かけあいをやめて、他のディーラーに切り替え方がいいかもしれません。

 

感じのよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピール点を主張してもそれが通ることは難しくなります。

 

査定士はプロなので、アピールしなくても基本的に査定アップのポイントは見逃しません。

 

最後を焦りむちゃに成約すると、後で他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感じがよろしくない時は、あっさり切り上げる方が堅実です。

 

査定スタッフに対しては、ある程度は良いところを申告してもいいのですが、あまりに往生際が悪すぎると反対に印象が悪くなるので、気をつけなければなりません。

 

査定社員は出来る限界いち早く契約を得たいと思っています。

 

結果、良い触りを得ていたとしても、慎重に対応する必要があります。