買い取りと下取りの違いに思わずを紹介しています

MENU

買い取りと下取りの違いに思わず

買い取りと下取りの違いとは?
買取と下取とは、なにが変わるのでしょう。買い取りは、今乗っている車を売って、それを現金に変え、その現金で新しい車を買うというやり方です。車買い取りの優位点は、たくさんの会社に鑑定をお願できるので、高額売却できる可能性が高いところです。難点は、市価変動が烈しいので、値段が安定しないところです。中古車相場はオークション会場やいなかの違いで大きく変わってくるからです。

 

尋常、下取りは、愛車を売った同様の販売店舗で次の車の購入資金に充てるという方法です。言ってしまえば、乗っていた自動車を引き取ってもらうというスタイルです。

 

下取りと買取のメリットとデメリットはどんな所があるでしょう

下取りの特長は、同じディーラーで取引するので手間が少なくて済むところです。デメリットは、実際の下取り価格がわかりにくく、買い取りに比べて、査定額が低くなりやすいところです。下取り基本価格表を元に査定するのですが、プライス表はディーラー間のオークションマーケットプライスに必ずしもリンケージしていません。

 

合わせて、外注部品についても、下取りのときは、期待できません。買い取りも下取りも一長一短ありますが、先ずは、自分の車の査定額の時価を理解してから、下取り交渉に臨むのが賢明です。

 

 

 

車売る時に準備する3つのこと(高額売却編)